FLOWERS of ROMANCE

花とロマンスのために

アーチストと花

 Tonkachi Artists & Flowers

 

セラミックアーチストは、必ずいつか花瓶を作ります。リサはドレスシリーズをはじめ数々の作品があり、マリアンヌの実家は花屋だから、花と生活はひとつだった。エレオノールの犬の一輪挿しは思わず笑っちゃうし、ポーリーの花瓶はレトロでモダンなどこにもない風景が懐かしい。ゴフスタインの絵本にも、いつも「花」の気配があった。そういえば、今頃はスウェーデンのワイナリーにも花が咲いているのかな。

アーチストはなぜ花瓶を作るのか?私たちは花を挿すことで気分がポジティブになるから。アーチストは、いつだって、人々の気持ちを前に向かせようと懸命だから、花を呼び込む花瓶を作ることは、平和を呼び込む行為そのものなんだと思う。

トンカチのお届けする、花にまつわるアイテムを集めました。プレゼントに、ご自宅に、心に花を挿して、次のロマンスを夢見てください。

アーチストと花

Tonkachi Artists & Flowers

セラミックアーチストは、必ずいつか花瓶を作ります。リサはドレスシリーズをはじめ数々の作品があり、マリアンヌの実家は花屋だから、花と生活はひとつだった。エレオノールの犬の一輪挿しは思わず笑っちゃうし、ポーリーの花瓶はレトロでモダンなどこにもない風景が懐かしい。ゴフスタインの絵本にも、いつも「花」の気配があった。そういえば、今頃はスウェーデンのワイナリーにも花が咲いているのかな。

アーチストはなぜ花瓶を作るのか?私たちは花を挿すことで気分がポジティブになるから。アーチストは、いつだって、人々の気持ちを前に向かせようと懸命だから、花を呼び込む花瓶を作ることは、平和を呼び込む行為そのものなんだと思う。 

トンカチのお届けする、花にまつわるアイテムを集めました。プレゼントに、ご自宅に、心に花を挿して、次のロマンスを夢見てください。

リサ・ラーソンの花瓶

花が服を着ているかのようなドレスやスカートをモチーフにした花瓶を多くつくるリサ。「花が持つ意志について」彼女がつくる花瓶にいけられた花たちを見ていると、そんな言葉が浮かんできます。

ご購入はこちら

©︎LisaLarson

リサ・ラーソンの花瓶

花が服を着ているかのようなドレスやスカートをモチーフにした花瓶を多くつくるリサ。「花が持つ意志について」彼女がつくる花瓶にいけられた花たちを見ていると、そんな言葉が浮かんできます。

ご購入はこちら

マリアンヌ・ハルバーグの花瓶
限りなく立体感を削ぎ落としたフォルムに、マリアンヌは線だけで奥行きを生み出していく。花瓶はどこか非現実的で、だからこそ生けられた花が際立ってくるようで、「現実を生きている私を見てちょうだい」と話しかけてくるのです。

ご購入はこちら

©︎MarianneHallberg

マリアンヌ・ハルバーグの花瓶

限りなく立体感を削ぎ落としたフォルムに、マリアンヌは線だけで奥行きを生み出していく。花瓶はどこか非現実的で、だからこそ生けられた花が際立ってくるようで、「現実を生きている私を見てちょうだい」と話しかけてくるのです。

ご購入はこちら

©︎MarianneHallberg

ポーリー・ファーンの花瓶
花瓶の成形はもちろん、描かれた登場人物の表情から背景の陰影まで、すべてポーリーがひとつひとつ絵付けするのがポーリーのスタイル。不思議なノスタルジーに包まれて、花は時代を越えて生きてきたように輝きます。

ご購入はこちら

©︎PollyFern

ポーリー・ファーンの花瓶

花瓶の成形はもちろん、描かれた登場人物の表情から背景の陰影まで、すべてポーリーがひとつひとつ絵付けするのがポーリーのスタイル。不思議なノスタルジーに包まれて、花は時代を越えて生きてきたように輝きます。

ご購入はこちら

©︎PollyFern

エレオノール・ボストロムの花瓶
いつも犬をテーマに花瓶をつくるエレオノール。どれも犬の頭の上に花をいけるスポットがあり、思わずくすっと笑いが出るような雰囲気です。花々が犬に息を吹き込み、犬が動きだすんじゃないか…….。そんな空想もお楽しみいただけるかもしれません。

ご購入はこちら

©︎EleonorBoström

エレオノール・ボストロムの花瓶

いつも犬をテーマに花瓶をつくるエレオノール。どれも犬の頭の上に花をいけるスポットがあり、思わずくすっと笑いが出るような雰囲気です。花々が犬に息を吹き込み、犬が動きだすんじゃないか…….。そんな空想もお楽しみいただけるかもしれません。

ご購入はこちら

©︎EleonorBoström

ゴフスタインの花束

マグカップの絵柄は、ゴフスタインの絵本「おとなりさん」に登場する、あの花束です。人の息づかいが聞こえてきそうな彼女のタッチは、心を静かにしてくれて、花々の変化にもセンシティブになるでしょう。その他にも絵本から4つのシーンをセレクトしてマグカップにしました。

ご購入はこちら

©︎M.B.Goffstein

花にはワイン

お花を味わうならスウェーデンワインもご一緒にいかがでしょう。スウェーデン語で天国を意味する言葉が語源になった「イメルン」は、フルボディの白ワイン。多彩な香りに溢れ、リッチでほどよくフルーティ。サステナブルなワインという選択を是非あなたにも。

ご購入はこちら